協会からのお知らせ

1.2021年度「全日本バウンドテニス選手権大会」について

 2021年度「全日本バウンドテニス選手権大会」については、東京オリンピック・パラリンピック開催の影響により、開催会場および日程の決定が遅れておりましたが、この度、下記の通り、開催日程が内定いたしました。
なお、今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開催中止あるいは規模の縮小など開催方法を変更することがありますので、ご了承ください。

開催日

【ダブルス】 2022年1月21日(金)
【シングルス】2022年1月22日(土)
会 場 : 東京体育館 メインアリーナ
懇親会:2022年1月21日(金)
会 場 :ハイアット リージェンシー 東京(新宿区西新宿2-7-2)

実施要項について(PDF)

 

  2022年1月21日(金)、22日(土)の両日に東京体育館において開催を予定しております「全日本バウンドテニス選手権大会」について、2020年度の大会が中止されたことによる問題点と改善策について最善の考え方を検討委員会にてまとめ、3月13日(土)に開催された2020年度第4回理事会にて、下記の通り決議されました。

1.大会名称

  「第39回全日本バウンドテニス選手権大会」とし、第38回大会は中止大会として記録に残す。

2.推薦選手の取り扱い

  大会中止にともなう推薦枠の取り扱いについては、直近大会の成績を対象とし推薦選手として出場権を与えるものとする。

(1)第37回大会の入賞者(優勝・準優勝・第3位)について
直近大会として、第37回大会の入賞者に、第39回大会の推薦出場権を与える。

(2)ブロック選手権大会優勝者について
2020年度ブロック選手権大会優勝者に推薦選手として出場権を与える。なお、中止となった、北信越、中国、九州ブロックには、直近大会となる2019年度ブロック選手権大会優勝者に推薦選手として出場権を与える。

3.今後の対応

  今後、同様の事態が発生したときは、今回の措置に準拠して対応することとする。

■ 関連事項

1.延期予定ブロックの取り扱い

  2020年度ブロック選手権大会について、延期開催を予定している、北海道、関東、東海、近畿各4ブロックについては、開催した場合は2020年度大会の優勝者に、中止となった場合には2019年度大会の優勝者に推薦出場枠を与える。

2.都道府県協会推薦枠

  各都道府県バウンドテニス協会の推薦枠については、従来どおり自由裁量とする。

3.主催大会名称

  本部協会主催である、各ブロック選手権大会、ブロック親善交流大会、ゴールド大会についても、同様の事態が発生したときは、今回の措置に準拠して対応することとする。各主管協会は、中止した大会を中止大会として記録し、次回は回数を積み重ねた大会名とする。

4.申し込み期間(予定)

(1) 要項発送         8月中旬
(2) 申し込み締め切り 10月中旬

5.その他

  大会直近における新型コロナウイルス感染症拡大状況によっては、開催延期あるいは中止とする場合がある。また、大会を開催しても「懇親会」を中止する場合がある。

2.「第13回全日本BTラリー戦BEST20記録大会」の開催中止について

    2021年度も開催を予定しておりました「第13回 全日本BTラリー戦BEST20記録大会」《全国上位20チームの記録》は、現在までの申請がわずか1件であることや、新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、開催を中止しホームページへの掲載及び表彰を取りやめさせていただくことに決定いたしました。これは、全国の参加選手、関係者皆様の健康・安全面を第一に考慮した結果であり、開催を楽しみにしてくださった皆様には、急なご案内となってご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。