バウンドテニスとは


「バウンドテニス」は、ラケットボールを原型にし、テニスと同様のルールで行われます。

狭い場所でも手軽にできることから、生涯スポーツとして価値が高まり、老若男女を問わず多くの人が楽しんでいます。

発祥は日本。1980年に、メルボルンオリンピックで活躍したレスリングのゴールドメダリスト笹原正三氏により考案・開発された歴史をもっています。

「バウンド」とは、ボールがよく“弾む”(バウンド)という意味、そしてもう一つ、バウンドテニスの大きな特性である“限られたスペース”でできる(バウンダリー)こと、この2つに由来しています。

1982年に、東京を中心に本格的に普及活動が始まり、生涯スポーツの祭典「全国スポーツ・レクリエーション祭」には、1988年の第1回大会より正式競技種目として採用されており、高齢者を中心にその輪は全国に広がりました。

普及に伴って多くの大会も実施しており、若年層含め非常に多くの愛好者が増えています。

手軽さに加え、テニスのように大きな体力の消耗もないこと、屋内競技でもあることなどから、女性に人気のスポーツとなっています。

日本バウンドテニス協会は、47都道府県の全てに支部協会を設置し、生涯スポーツとしてこれからも多くの人に親しまれるように普及活動を進めいます。

バウンドテニスの概要

テニスコートの約1/6のスペースがコートのサイズ。ネットは組立式で手軽にセットできるので、場所を取らず、体育館やコミュニティーセンターなどを気軽に利用できます。

年齢層に応じて16歳以上の[フリーの部]、45歳以上の[ミドルの部]、60歳以上の[シニアの部]、というカテゴリーを設けており、ご自身に合ったプレーを無理なく楽しめる環境となっています。

バウンドテニスのルール

競技性を持ち合わせたシングルス、ダブルスに加え、1分間に何回ラリーが続くかを競う、大人数で楽しめるチーム対抗の「BTラリー戦」という種目もあります。

サービスは1球のみ。両足をコートにつけ、腰よりも低い高さで打ち、対角線のコートに入れます。4打目からはボレーもOK。特にダブルスでは、ネットプレーの差で勝敗が決するといわれています。なお、ダブルスは、4人が必ず交互に打たなければいけません。

試合は9ゲームマッチ(シニアは7ゲームマッチ)。つまり5ゲーム先にとれば勝ちとなります。ただし、4-4になった時はタイブレークゲームを行い、勝敗が決まります。4ポイントを先にとれば、1ゲームを取れます。ただし、3-3の時はジュースといい、その後は2ポイント連取したほうがそのゲームの勝者となります。

バウンドテニスのコート・用具

コートの大きさは、幅3m、長さ10mの長方形で、通常は体育館の床に人工芝コートを設置します。

組立式ネットの高さは50cm。硬式テニスラケットをそのまま縮小した形状のラケットの長さも50cm。

ボールは直径6cm弱のゴム製。ソフトテニスのボールよりも小さくやや硬めとなっています。